その商標を使用する意思があるか?

使用意思(3条1項柱書)


商標3条1項柱書には、自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標については商標登録を受けることができる、旨が規定されています。商標登録を受けるためには、自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標であることが必要です。

ただし現在使用されていない商標であっても、近い将来使用する予定がある商標であって使用により信用が蓄積されるであろうと推定されるものについては登録できます。

登録を受けた後、一定期間使用の痕跡がない場合には、不使用取消審判により取り消される可能性もあります。