商標権の更新

商標権の存続期間

原則、商標権の存続期間は設定登録の日から10年間です。
しかし商標権の存続期間は、更新登録の申請により更新することができます。
つまり商標権は、更新登録の申請を行うことにより半永久的に存続させることができるのです。

更新登録の申請手続き

続けて商標権を維持して頂くためには、更新手続きを行う必要があります。
特許庁からは何も通知されません。

*登録料を分割して(前半5年分)納付した方は、その商標権の効力は「登録日から5年」です。