拒絶理由通知とは?


拒絶理由通知とは、特許庁の審査官により通知される、拒絶理由のことで、 出願の商標が登録の要件を満たしていない場合、拒絶されるべき根拠となる理由を記した書面を通知することをいいます。

拒絶理由通知がなされると、指定された期間内に、意見書・補正書などにより対応する必要があります。

意見書・補正書などにより、拒絶理由が解消されれば、登録を認める登録査定がなされます。
意見書・補正書などによっても、なお拒絶理由が解消されなければ、拒絶査定がなされ、登録が拒絶されます。


手続きの流れのページに戻る