地域団体商標


地域団体商標とは、地域の名称及び商品・役務の普通名称からなる商標等について登録を認められる商標のことをいいます。 本来、地域の名称及び商品・役務の普通名称からなる商標については、3条1項3号に該当し登録が認められません。 登録を受けるためには、3条2項の適用を受ける必要があり、そのためには全国レベルでの周知性が必要となります。

しかし、全国レベルでの周知性を獲得する間に便乗商標を排除することができず、また便乗商標により、一層全国レベルでの周知性を獲得することが困難となり、宣伝広告費や営業努力などが無駄になってしまう可能性もありました。 また、識別力のある図形と組み合わせることにより登録を受けることができるのですが、文字部分を真似し、図形部分のみを変えた模倣商標を排除できないという問題がありました。

そこで法は、国内の産業競争力の強化及び地域経済の活性化を支援すべく、平成17年改正により、地域団体商標の登録を認めることにしました。

① 地域名称+商品(役務)の普通名称
② 地域名称+商品(役務)の慣用名称
③ 地域名称+商品(役務)の普通名称・慣用名称+商品の産地等を表示する文字として慣用されている文字



手続きの流れのページに戻る