防護標章登録


防護標章登録とは、著名な登録商標を保護するために登録が認められる標章のことをいいます。

著名な登録商標の場合、指定商品・役務の類似範囲である禁止権の範囲を超えて、非類似の範囲にまで出所の混同が生ずるおそれがあります。 その場合、その著名な登録商標の禁止権の範囲を、非類似商品・役務の範囲にまで拡大することを目的として、防護標章登録制度が設けられました。

防護標章登録を受けるためには、その著名な登録商標と同一の標章についておこなう必要があります。 また、他人が登録商標にかかる指定商品・役務と非類似の商品・役務を使用することにより出所の混同が生ずるおそれがあることが必要です。


手続きの流れのページに戻る