国際登録出願


国際登録出願とは、特許庁に継続している自己の商標登録、商標登録出願、防護標章登録、防護標章登録出願を基礎として、国際登録を受けるために特許庁長官に行う出願のことをいいます。

国際登録された商標は、国際登録日から、指定国の官庁に直接出願されていた場合と同一の効果があるります。また、指定国官庁が拒絶通報期間に通報しない場合には、その期間経過時、また拒絶通報を撤回したときは、撤回時に、その商標が指定国官庁に登録されていt場合と同一の効果を有します。また、最初の国際登録の存続期間は、国際登録日から10年間です。


手続きの流れのページに戻る