立体商標について


立体商標とは、立体的形状又は立体的形状と平面標章との結合により構成される商標のことを言います。

従来、立体商標は登録を認められていませんでした。しかし、①立体商標の保護を求めるニーズが拡大してきたこと、②自他商品等識別機能を有するような特徴的な立体的形状であっても「商品表示」として不正競争防止法でしか保護を求めることができなかったこと、③国際的にみても立体商標を保護することが国際的趨勢となっており、国際調和の観点からも、我が国にける立体商標の保護が求められていました。そこで平成8年改正により、立体商標の登録が認められることになりました。

立体商標を登録するには、出願の手続きに際し、立体商標である旨を願書に記載する必要があります。立体商標である旨の記載がなかった場合は、原則的に平面商標として取り扱われます。 しかし、願書に記載された商標から、明らかに立体商標であると認められる場合で、かつ立体商標である旨を記載した商標の説明書を願書に添付しているときは、例外として、立体商標である旨を追加する補正をすることができます。


手続きの流れのページに戻る