商標法4条1項10号

未登録周知商標の保護


他人の業務に係る商品若しくは役務を表示するものとして需要者の間に広く認識されている商標又はこれに類似する商標であつて、その商品若しくは役務又はこれらに類似する商品若しくは役務について使用をするものは、登録を受けることができません。

本号の立法趣旨は、商品・役務の出所の混同防止とともに、一定の信用を蓄積した未登録周知商標の既得の利益を保護するところにもあります。 すなわち、商標の使用をして自己の「業務に係る商品若しくは役務を表示するものとして需要者の間に広く認識される」程度の信用を形成したときには、その者は不正競争防止法による場合は別として積極的に他人の使用を差し止める等の権利はないけれども他人の商標登録を阻止することができるということです。

本号の規定に違反して過誤登録されても、その商標権について32条の「先使用権」が認められることもあります。

先使用権については、こちらのページへ